滋賀ハーモニカ 笑好吹(エコーズ)


ようこそ!滋賀ハーモニカ 笑好吹(エコーズ)のホームページへ


1998年(平成10年)発足。
名前の由来は、「笑ったり、吹いたりするのが好きな仲間」という意味です。
山森音楽教室が開催するサークルです。


趣味

お盆休みに入ります

8月13日です。世の中はお盆に入りました。
私のブログもお盆休みに入ります。13、14、15日と、お店は休業します。
16日に、又、お目にかかりましょう。どうぞ、この暑さにはくれぐれもお気をつけください!
では、開店しましたら忘れずにご贔屓の程を宜しくお願いいたします。

追伸:「山小舎の灯」沢山の拍手ありがとうございました

山小舎の灯



昨日11日は「山の日」でした。
それで、久しぶりのYouTubeに徳永先生教材から「山小舎の灯」にセカンドパートをつけて
演奏してみました。 少し、涼しくなっていただければ!

季節はゆっくりと移ろいでいます

暑さにもいろいろありますね、焼け付くようなギンギンの暑さ、暑くても爽やかな暑さ、
気温は高くないのに湿度が高い蒸し暑さ、10日は、1番嫌な蒸し暑さになりました。
暑さにムシがつくと、嫌ですが、今夜、耳にムシが附きました。
お判りですか? 夜に水を撒いていると、原っぱから秋の虫が! 私は虫の声と名前が
一致せず勉強不足ですが、確かに秋の虫と思います、思いたいです!
そう言えば、少しづつ日の入が早くなり、日の出が遅くなりました。
私も夜はエアコンをかけないで、網戸で寝られるようになりました。
 
その内に「ツクツクボウシ」が鳴き始めるでしょう、今は出番を控え、最終練習をしている頃かな?
私も19日の徳永教室の発表会に向け、最終練習に余念がありません、と、書けば
カッコいいのですが、なかなか演奏が安定せず、今回も時間切れになりそう!
でも、諦めないで自分なりの演奏を目指します。とってもお洒落な大人の雰囲気
の曲ですから、年齢相応の雰囲気作りを目指しています!!

ゆうYouフエスタ2018 参加者募集

お知らせです。
昨年も参加しました「ゆうYouフエスタ」の参加者を募集します。

 ♪ 月日 : 10月20日(土) 時間は未定

 ♪ 場所 : 瀬田文化公園の管理事務所前 広場です
     「好きよりライブ」で、すっかりお馴染みになりました「夕照庵」の近くです。

昨年は凄い雨の中、テントの中でびしょ濡れになりながら希望者9名が演奏しました。
雨の中でも数名のお客様があり、楽しかったです。
そして、湖南農業高校の野菜が安く販売されたり、チューリップの球根を貰ったり、
皆で食事をしたりして、と、とても楽しかったです。
今年もどうなのかな?と、公園事務局に電話をすると、いつもの方が出られ、
「今年もありますよ、未だ正式に案内はできていないのですが、是非参加してください」
と、、言ってくださいました。 厚かましく聞いててみるのも営業では大事ですね、

秋の風情が感じられる10月20日、皆さんと文化公園で楽しく演奏してみませんか?
希望者は山森まで、連絡ください!

8月7日 立秋・びわ湖大花火

花火2018-2
7日は立秋、昨日までのひっくり返るような暑さから、
少し、ましになりました、暦というのは凄いと思います。
暑さも「立秋なのか、ではそろそろ控えるか!」と思った
のでしょう(笑)
このまま暦通りにと願うばかりです。
40度の気温に馴れると、35度の気温は涼しく感じます。
この感覚は怖いですね、

そして、7日はびわ湖大花火大会です。 夕方から浴衣姿の若い男女がゾロゾロと駅の方へ
歩いて行きました。(老婆心ながら、もう少しシャキッ!と粋に浴衣が着れないものか、と思います)

7時半から花火大会!私はテレビでスイカを食べながら「たまや~」
空に打ちあがるのは当然ながら、湖から湖面に這うように輝く花火はびわ湖ならではと感激しました、
年齢が上がると、花火を見る度に綺麗と感動しながら、何故か花火2018いろいろなことが思いだされる
ようになりました、

写真はテレビに放送されているのを写しました。

9月15日、徳永先生のライブに行きませんか?

9月15日(土)に、徳永先生親子と東京の山下玲さんのライブがあります、
バックは多田恵美子トリオです。
会場は大阪 心斎橋にある「国際楽器のホール」です、
時間は午後です。 昼間で大阪から近い所での先生のライブですので、滋賀からでも
行けるライブと思います。
チケット代は3000円です、私も行きますの、行こうと思われる方は一緒に
いきませんか? 希望される方は私まで申し込んでください。
(勿論、徳永先生に直接申し込まれてもかまいません。)
お知らせまで!

雨戸を閉めました

この暑さ、昼の3時を過ぎた頃からは、西向きの部屋は西日がガンガン入ります。
カーテンでは追い付かず、ついに雨戸を閉めました。
すると、当然ですが真っ暗、仕方なく電気をつけなければならいにはめになりました、
外はギンギンギラギラの太陽が輝いているのに、その太陽を遮ぎって、電気をつけなけらば
ならない、というもったいない話ですね、
電気代の請求が怖いです、

記事検索
お薦めリンク
QRコード
QRコード