6月10日は「時の記念日」でした。
日本初の時計(水時計)が鐘を打った日が6月10日であることから、この記念日となりました。
この記念日は時間を大切にとの願いが込められています。

「時間を大切に」と、思うのは今日だけでないのですが、改めてつくづく感じます。
今は、夏至を前に1年で昼間の長い時期ですが、1日はあっと言う間に過ぎ、
そうこうしている内に、1週間が、一ヵ月が、過ぎていきます。
そして、今年も半年過ぎようとしています。

この時間は老若男女を問わず、平等に与えられたもの、いかに自分がこの時を
掴み、やってくる次の時に向けて準備する期間でもあると、思います。