食べ物でも食わず嫌いという言葉があるように、音楽のリズムも
苦手だから嫌!というのはよくわかります。つい、後回しにしてしまします。

レッスンをしていて感じるのは裏拍の取り方です。皆さん、頭では「イチト」の「ト」で入る
というのは理解できているのですが、体が拒否反応を起こしているみたいです。
私も本当に恥ずかしいですが最近まではこの裏拍が正確にできませんでした。
特にスイングの裏拍だけをとるのは全然できませんでした。
お持ちの方も多いですが、徳永先生の「叩くリズムトレーグレーニング」のCDを
聴いて毎日練習しています。徳永先生の声が聞こえるので、先生が前に居てられる
ような気になりピッ!「はい、先生と一緒に声を出してやります!」という気持ちで
練習している内に「あらぁ~不思議」わかってきました。

この裏拍をとるのは体で覚えることですね。
誰でも難しいです、だから、挑戦してみる価値があると思います。
練習すれば誰でもできます、苦手を先送りしないでね!
今年もお勉強会、各教室で「面白い」と思って貰えるようレッスンをしてきます!