滋賀ハーモニカ 笑好吹(エコーズ)


ようこそ!滋賀ハーモニカ 笑好吹(エコーズ)のホームページへ


1998年(平成10年)発足。
名前の由来は、「笑ったり、吹いたりするのが好きな仲間」という意味です。
山森音楽教室が開催するサークルです。


2017年04月

秋の発表会 第1陣仕上がり

連休オープニングの2日間、皆さまはどのようにお過ごしでしたか?
今年はカレンダーの並びが良く、5月1日2日を休むと9連休ですね。 正にゴールデンウィークです。
私は飛び飛びでレッスンが入っていますし、6日が徳永先生ちへレッスンに行く日なので、何か落ち着きません。
4月29日、30日の2日間、朝のウォーク以外は家から出ず、発表会用の残りの3曲のアレンジをしあげました。
残り2曲と思っていたのですが、3曲でした。(やはり、計算に弱いです)   でも3曲共録音しCDまで出来上がり、これで発表会用の準備第1陣が終わりました。一先ずヤレヤレです。今年はグループは2人のデュオが殆どですので、アレンジもセカンドを考えるだけでしたし、録音もセカンドまで録音すればいいので時間が短縮できました。早く出来あがり、生徒さんに渡した曲は早くも仕上がりかけているのも有り、2曲目も頑張って仕上げました。 
予定通り、4月中に出来上がりホッとしています。これからは皆さんの演奏仕上げに向け、指導に頑張ります。
一緒に頑張りましょう!
中身の濃い2日間で、4月を〆ることができました! 

ウロウロ ばかり

季節が順番にやって来なくて、日替わりで寒かったり、暑かったり、酷いのは朝晩と昼の気温差の激しいことです。
朝起きたら寒く感じ、着込むと昼間や車の中では汗がでてきて、下着を脱いだりウロウロします。
又、夜になると寒く感じ暖房のお世話になったりしています。風邪をひいたのか?と葛根湯を飲んだり、ウロウロです。 季節、時間、時代の早さについていけず、ウロウロしている毎日です、もう1つ、探し物の時間が多くなり
これが1番大きなウロウロです!

4月も終わり

4月も終わりになり、世の中は大型連休になりました。今月はお勉強会以外はイベントがなく少しはゆっくりできるかと思っていたのですが、イベントがあってもなくても同じ、あっと言う間でした。 ということは、「この沢山のイベントをどうしようか!」と不安に感じることも、頑張ればできるということですね、何でも「やる気」、そして「面倒くさいと思わないこと」が大事です、これを当たり前にすればいいわけですよね、私の年齢になれば認知予防にもなりますから、、、、まぁ、連休は難しいことを言わないで、1年で1番いい季節を楽しみましょう!

昨日の新聞から

昨日の新聞から「なるほど」と思う記事がありましたので、書いてみます。
コント55号で活躍された「萩本欽一さん」の話です。「山って昇る時がたのしいんだよ、頂上に何日もずっと居座る人なんていないでしょう」という記事がありました。 同じことが演奏にも言えるかと思います。
よく、いつまで経っても上手くならないと、つい愚痴ります。いつも同じことと落ち込んだりしますが、一つの山を登っている時が楽しいのです。そして絶えず次の山に登っているからですね。 そのように考えると、頂上を目指し、到達したら、次の山を目指すのは、有意義なことだと思います。目指す目的があるのは、大事なことです。 
もう一つ、私の経験ですが失敗した時の方が何年か経っても楽しく笑って思いだしたり、お喋りすることができます。
でも、成功した時の記憶は(余りありませんが)楽しく思い出すことができません。楽しい思い出ができると思えば失敗も怖くない! 恐れないでやりましょう!!

青葉 若葉の季節

あかね2最高のお天気が続いています。25日は東近江の「あかね」です。
若葉の綺麗な蒲生路の景色と俳句です

    若葉より  明日への生命(いのち) もらいけり

    若草の 香り吸い込み 力湧く

    そよぎたる 若葉の波に 包まれて     芙紗

                              あかね1あかね3

4月ボランティア演奏 でハプニング

4月24日は草津総合病院のボランティア演奏の日でした。今月のお当番は京都から「パープル・サウンズ」の
お2人でした。ところがこの内の1人が待ち合わせの時間になっても来られません。 メール、電話をしても通じなくて、私ともう1人の人、笑好吹の応援のメンバーと「何かあったのかしら?」と不安と心配をしてましたが、演奏時間の3時になり私ともう1人の人のデュオで演奏しました。 1人の方は気を揉んでられましたが、演奏が始まるとしっかり演奏され、MCもわかりやすくお話ししてくださいました。 終わり掛けにもう1人の方が来られました。
午前中一緒に居られたお友達が体調を崩され、救急車で運ばれたようで、付き添いで行かれていたそうです。
この方も気を揉まれたことでしょう。でもお友達を助けられたことこそボランティアですね。立派と思います。
沢山、イベントで演奏をしてきましたが、メンバーが揃うのは当たり前と思っていたのですが、何がおこるかわかりません、どのような事が起こっても動じない強い精神力と、普段の練習をしっかりしなければと改めて思いました。

爽やかな話

朝は良く冷えたものの、昼間は最高の青空、若葉が綺麗なお天気になりました。その23日にお天気だけでなく、
爽やかな出来事がありました。 滋賀リビングでレッスンのレイク・フェアリーの人達が教室に入る間際で、認知症を患ってられる方を救出されました。 何でも狭い所に迷い込んでられた方を救出、警察が来るまでお世話をされたそうです。無事に保護されてご家族の方が来られたようで何よりでした。生徒さん達は始めて人助けという貴重な体験をされました。 私もご家族の方が来られるまで良くお世話され、無事に帰られたという話を聞いて、爽やかな気分にさせてもらいました。
 
記事検索
お薦めリンク
QRコード
QRコード