滋賀ハーモニカ 笑好吹(エコーズ)


ようこそ!滋賀ハーモニカ 笑好吹(エコーズ)のホームページへ


1998年(平成10年)発足。
名前の由来は、「笑ったり、吹いたりするのが好きな仲間」という意味です。
山森音楽教室が開催するサークルです。


2014年06月

プチセレブから現実へ

アフターヌーンティー22日はプチセレブな気分になりました。昨年の私のコンサートのサブタイトルが「寒い冬にホットなAfter noonを」という長ったらしいものでした。その時、アフターヌーン、アフターヌーン?そうだ、アフターヌーンティーに行かなくてはと思いました(全然関係ないのにね)  今日、大阪の姉とようやく、食べにいきました。 所は大阪帝国ホテルです、とてもリッチな場所で雰囲気もよくプチセレブの気分、正に朝ドラの「ごきげんよう」の世界でした。
いつもとは違うランチをした後は現実の世界が!
徳永先生のレッスンでした。来週の発表会を控え、最終レッスンでした。6分半という今回も長い曲ですが、たった2小節のポリリズムができたりできなかったり、それに録音したのを聴いてみると16分音符のシンコペーションが微妙にずれていたり、ガックリです、でも、先生は「できましたね」と優しく慰めてくださいました。来週ですものね、後、1週間頑張ります!!

墨汁と割りばしで

柳川の水郷6月の水彩画教室へ行きました。
今月は墨汁と割りばしで描くというレッスンでした。
割りばしの角度、スピード、力の入れ具合などで面白い線が画けます。写真は今日の作品で九州「柳川の水郷」の写真を見て画きました。
割りばしでデッサンをし、色をイメージして浅く塗りました。
始めて先生の手直しなしの自力の作品です

いよいよ後3曲

10月の発表会のグループの曲22曲の内、アレンジが後3曲になりました。
今年は皆さんの普段練習している曲が発表会の曲です。  メロディーは吹けていますので、2ndを作り、カッコよく仕上げています。各クラスのレベルを考えてのアレンジは楽しいです。
出来上がってからが大変!今年はパソコンのご機嫌を伺いながらの録音、CD作成に神経を使いました、
教室に仕上がった楽譜とCDを持っていくと、皆さん待ち焦がれていたという顔をされ、にっこり!
それから、すぐに間違い捜しになります。 穴番号にミスが必ずあり、申し訳ない気持ちで一杯です。
でも、それも勉強ですね 
残り、3曲 頑張ります!!

ピーター ラビットのように

トマトと人参ピーターラビットがいつも手にしている新鮮な葉付きの人参です!
池田恵美ちゃんちの産物です。一緒に写っているトマトは今年も真っ赤で美味しいですが、今年は葉付きの人参に挑戦されています。 
今日、早速に生でサラダで食べました。そうです!ピーターラビットのようにね
人参のいい香りがし、ギュッと詰まっていてとても美味しかったです。
でも、せっかくの栄養のある葉のお料理を余り知りません、どなたか人参の葉の美味しい食べ方を教えてください!

この人参、トマトは彼女の「マルト農産」で求めることができます。
新鮮な人参、トマトをどうぞ!
ちなみに彼女のお腹もトマトのようにパンパンでした。来週には真っ赤な赤ちゃんの顔が見られる予定!  楽しみです

マルト農産  電話  077-562-1650

若い男の子の力

今年は勝手にクロマチック・ハーモニカ普及年間と決めつけ、いろいろな地域で小さなサロンから大きな会場まで、とにかくこのハーモニカの音色を聴いてもらいたいと一念発起しています、
念ずれば通じるの諺通り、又、今年のお正月のおみくじが1番の大吉の通り、演奏の機会をいただいています。
先週の「音楽の散歩道」も無事に済み、余韻に浸る間もなく今月末は「野洲図書館」のロビーコンサート、翌日は徳永教室の発表会と続きます、それで1番不安なのは、腰痛ですので、今はリハビリに週1回行っています。
今日はいつもの女性の施術士さんではなく若いマスクイケメンの男の子でした。やはり、女性の方と違い凄い力で押したり引っ張ったりしてくれます。「痛くないですかぁ?」と脚を引っ張りながら尋ねてくれますが、やはり高齢のオバサンと思われたくないので「大丈夫でぇ~す」と答えましたが、内心ヒィーヒィーでした、でも治療が終わったら体はすっきりして帰れました。これで、次の演奏も頑張れます

鳰(かいつぶり)が自力で泳ぎだしました

鳰(かいつぶり)は滋賀県の鳥で、びわ湖にいるオシドリみたいに綺麗な水鳥です。
その名前を貰った障害者支援センターの「鳰」の皆さんは自力で泳ぎだしました。
11月9日に「びわ湖ホール」で開かれる「視覚障害者コンサート」と、12月7日「ほかほか祭り」に出場されます。
いつもなら私が一緒に出てピアノ伴奏をし、メロディーがずれてきたら大きく伴奏したり、メロディーを弾いたりして、皆さん私に半分頼って演奏されていました。ところが、この両日とも私の都合がダメになり、「さぁ皆さんどうしましょう?」と相談したところ、「私達で頑張ります!」との答えが返ってきて、凄く成長されたなと嬉しくなりました。
カラオケCDは経験がないので、無伴奏で皆さんだけのハーモニカ演奏となりました。 メロディーだけですから、
しっかりリズムを取り、心を1つにして綺麗な音を出すという基本のトレーニングからやり直しです、
そのことを伝えると皆さん、心を引き締めて熱心に練習されました。
私の力を借りずに、自分達で泳ぎだした「鳰」の皆さんは立派です、どこまでも自分達で泳いで行ってもらいたいです!

梅雨時に爽やかな風景を

菖蒲2菖蒲1梅雨に入っていますが、この頃は昔のような「しとしと」という雨ではないですね。
でも、花の世界では昔からの風景をかもしだしてくれます。
梅雨の花といえば、アジサイ、菖蒲、沙羅、
など、色が淡泊で蒸し暑さを和らげてくれる花が多いように思います。
今日の写真は生徒さんがびわ湖の北にある新旭町の菖蒲園で写されたものです。
日本の綺麗な景色ですね。
「日本の綺麗な」と言えば、先日生徒さんから日本の綺麗な抒情歌のCDと楽譜を作って、演奏するお勉強会をしてほしいと言われました。 クロマチック・ハーモニカのテクニックや、イメージをはたらかし、感情を入れる練習になりますね。 有難いことに、生徒さんからの発案で笑好吹の中身が濃くなっていくように思います。 とにかく、発表会の準備が済めば、構想を練りたいと思っています。
記事検索
月別アーカイブ
お薦めリンク
QRコード
QRコード