滋賀ハーモニカ 笑好吹(エコーズ)


ようこそ!滋賀ハーモニカ 笑好吹(エコーズ)のホームページへ


1998年(平成10年)発足。
名前の由来は、「笑ったり、吹いたりするのが好きな仲間」という意味です。
山森音楽教室が開催するサークルです。


2014年02月

ギター・コンサート

2月最後の日はクラシック・ギターのライブ鑑賞でした。

前にブログで書きました、昔、お世話になった方の息子さんのライブでした。

久しぶりに聞くアコーステック・ギターの演奏は、甘い響きの心地よいものでした。

マイクを使わないで全くの生の音は、その余韻が限りなくいいものでした。

2月は私の演奏はありませんでしたが(あったのですが、雪で中止になりました)、石川武史さんのジャズピアノ、

徳永先生のクロマチック・ハーモニカ、そして今夜のギター演奏と3回聞く機会がありました。

映画解説者の語り口ではありませんが、いやぁー音楽は本当に素晴らしいですね。

そして、プロの演奏は凄いということです!!

ロマンチック・ハーモニカ

私の演奏しているハーモニカは、クロマチック・ハーモニカです。 時々、「クロマチック・ハーモニカの演奏です」といっても「ロマンチック・ハーモニカ」と上手に聞いてくださいます。 昨年は、とある市の配布物でも「ロマンチック・ハーモニカ」と書いてありました。 ロマンチックな音色はするのでそれもそうだなと思います(笑) でも正しくはクロマチック・ハーモニカです。 クロマチックというのは、半音階ということで、半音が出せるハーモニカということです。 半音が出せて、64タイプのハーモニカは4オクターブがでますので、凄い音域のハーモニカと思います。 この素晴らしいハーモニカがもっと市民権を得て、広く皆さんに知ってもらいたいですね

PM2.5

暖かくなったのと引き換えに大気汚染が来ました。  暖かくなり洗濯もお布団も思い切り干したいのに、PM2・5のおかげで又、部屋干しとなりました。朝から外を見ると、曇りかな、春霞かと思っていたら、ニュースでPM2・5の基準値が高いので、不要な外出は控えるようにとのことビックリしました。 外へ出ないわけには行かないので、しっかりマスクをして出かけました。♪ 霞か雲かぁ~と「さくらさくら」の歌詞のような、のどかな風景はもう見られないのでしょうか?

異文化

ソチ・オリンピックが終わり、少し虚脱状態です。 熱中できるものがるのはいいですね。 ソチ・オリンピックをみていて、ウワァ~外国だと思ったことがあります。 綺麗な雪景色は当然なのですが、 マスコットのウサギやクマの目です。 日本では、ひこにゃんやくまもんの目は黒です。 ぬいぐるみの目は黒と思っていたのが、ロシアのウサギやクマは綺麗な透明のブルーなのです、とても違和感を覚え、国が異なるとぬいぐるみの目の色も違うというのかと今さらながら驚きました。 外国なのですね!!

親睦会に向けて

3月9日に笑好吹の親睦会が行われます。  笑好吹のイベントで初めて生徒さんからの発案で、生徒さんが実行委員をしてくださいます。 今のところ41名の参加者で楽しみです、 今日、実行委員の方と少しお話をしました。 任してあるのだから頼っていたらいいのに、私の悪い癖でつい口を出したくなりました。 委員さんが面白いアイデアも考えてくださっているようです。 当日は「好きよりライブ」も兼ねていますので、皆さんの演奏も楽しみですし、食事中は渡里拓哉さんのピアノ演奏もあります。きっと素敵な親睦会になることでしょう、まだ申し込まれていない方は是非参加してください!! 春の1日を楽しみましょう!!

徳永先生 ライブ

23日の昼間は暖かくなりました。  午後に3月15日の「宇の家」のライブでピアノ伴奏をしてくださるいつもの渡里拓哉さんと練習して、夕方からは徳永先生のライブに武庫之荘のライブハウス「アロー」へ行きました。 伴奏は豪華な多田恵美子トリオでした。 いつ聴いても徳永先生の音色には感動を覚えます。あのような音はどうして出せるのかいつも不思議ですし、今日もわかりませんでした。 去年の私のコンサートで演奏した「月の沙漠」 「情熱大陸」など演奏されました。私と雲泥の違い(当たり前です)ですが、とても懐かしかったです。  徳永先生の生徒さんが数人来られていて、楽しく情報交換などしました。 久しぶりに出会った方からやはり「滋賀からわざわざですか?」と聞かれました。大津から大阪まではJR1本ですので以外に近いのですが、滋賀県というととても遠い山里から来たように思われます。まだ「雪は大丈夫?」と聞かれなかっただけましです(笑)

占い通りの日

22日は前日のテレビ番組の占いで「いい知らせがあるでしょう」とのとおり、懐かしい人々との出会いがありました。 午前にピンポンの音、玄関に出てみると昔、楽器店でお世話になった方が来られました。 息子さんがギターの奏者で活躍されていて「さきら」でコンサートをされるのでそのお願いとハーモニカとコラボしたいということでした。1人でも来て欲しいという気持ちはよくわかりますし、その方とは20年ぶりの出会いでした。私はギター伴奏でも演奏してみたいなという気持ちがありましたので、何か予想していた通りの運びに占い通りと思いました。 もう1つは今年は小さなサロンでしっとりと演奏してみたいと生徒さん達に伝えていたところ、ある生徒さんから瀬田川沿いの可愛いサロンでコンサートがあることを教えてもらいました。午後からそこのサロンへ行くととてもかわいい温かなスペースの会場でした。たまたま、そこは昔、住んでいた所だったので懐かしい人達と出会いました。 此方は30年ぶりの再会でした。昔話に花が咲き、私がここでライブすることを期待してくださいました。 オリンピックではないですが、やりたいという希望と信念を持っていれば、神様は見ていてくだるような気がしました。
記事検索
お薦めリンク
QRコード
QRコード