11月の発表会まで、残り1ヵ月半ぐらいになりました。
皆さん、毎年レベルが上がり、リズム、音が綺麗に仕上がってきています。
これからの時間は、曲想も考えられと、一味違った仕上がりになると思います。
我々年代にはなじみ深い昭和の名曲や演歌は歌詞がありますから、それを参考に
されると雰囲気がでます。
ただ、歌詞をそのまま読んでしまわないで、作詞家が何を訴えているのかを、理解すると、
いろいろ想像力がつき、ストリー性が出てきます。
秋の夜長、吹くのに疲れたら、手を休めて想像力を働かせてみるのも大事かと
思います。お試しあれ!